「アラサー・アラフォーだって、結婚したい!」

 

と数年前の私が強く思っていたこと。

婚活していましたが、どれもうまくいかず、どんどん月日ばかりかかってしまう。

うまくいかないと、やっぱり傷つくし、婚活する意欲がなくなっていってしまう。

疲れてしまう。

 

「どうしたら結婚できるのか、まったくわからない!!」

そんな30代前半を乗り越えて、私は35歳で出会い、36歳で結婚しました。

20歳くらいの頃は
「結婚したらいい奥さんになりそうだね」
とか、ちやほやされたこともあったけど。

気づけば30歳を超え、彼氏いない歴も10年近く・・・

毎日、仕事が忙しく、休みの日は家へ引きこもるのが嬉しかった日々でした。

 

結婚なんて時期が来れば、自然にそういう相手と出会って、自然にできるものだと漠然と思っていたけど、「とんでもない過ちだった!!」

結婚も、恋愛すらも、1人で引きこもっていたら、なんの縁もない生活。
30歳を過ぎれば、合コンなんていうものも自分から求めなければ、全然お声すらかからない。
当たり前ですが、それにすら気づいていなかったのです。

世の中で「婚活」という言葉が認知され始め、
「結婚するためには活動しなければならないのか!?」
という現実を知った私は、何をどうしたらいいのか全くわかりませんでした。

 

婚活をするなら、ある程度の現実は知っておく必要がある

生涯未婚率が上昇していると話題になっていますね。
男性は4人に1人、女性は7人に1人が、『生涯独身』。
生涯未婚率はさらに上昇するだろうと見込まれています。

また、初婚年齢も上昇してきていて、特に都市圏での未婚率が高いのが特徴。

昔は「結婚するのが当たり前」「結婚して一人前」と誰しも思っていて、結婚するときになって「初めまして」的なことも普通にあった時代。

だけど今は、「結婚しない」生き方をあえて選択する人もいる時代。

「結婚したくない」
「結婚しても、幸せになれるわけじゃない」
「結婚したら、いろいろ大変だし、面倒なことは避けたい」
なんていう風に考えている人たちも増えてきているのは確実。

一方、
「結婚はしたいけど、そういう相手に出会わない」
「結婚はしたいけど、いろいろうまくいかない」
と悩んでいる人が多いのも現実。

私もその1人でした。

そして、女性は「結婚したい」と切に願って婚活をするなら、できるだけ早く行動するに越したことはない、ということ。
これも、ちゃんと肝に命じておくべき現実。

友達の結婚式のお呼ばれのピークは20代。
30歳を過ぎて結婚する友人は確実に少なく、独身の女友達が少なっていくのも現実。

確かに、アラフォーでも結婚できる女性はいます。
(私もそうだったし。)
だけど、確率論でいうなら、絶対的に確率が少なくなるのは確実なこと。

なんなら、アラフォー独身女性は、勝手に周囲から「あの人は結婚しない(と決めている)人なんだ」とも思われかねません。

「結婚したくないんだと思ってた!」と言われたこと、あります。
むしろ、「そんなんじゃ、結婚できないよ」と一回り以上年下の女の子に言われたこと、あります。

周りから、自分自身がどんな風に思われているのか、どんな人間と思われているのか、特に男性からどどう思われるか、ということは、ちゃんと現実を見た方が良いですね。

自分の人間性、身なり、雰囲気、話し方、食べ方、周囲の人との関わり方、などなど。

あなたが男性と出会った時に、
『女性として扱ってもらえる対象になっているか?』
『結婚相手としてよりも以前に、そもそも人として付き合っていきたいと思われるような関係を築けるか?』

「ありのままの私を受け入れて欲しい!」
と言ったって、それ以前に人として女性としての魅力が相手に伝わらなければならないし、伝わったあなたの魅力が相手にとって望んでいたものでなければ、意味がないからです。

 

現実を踏まえて、努力しつつ、出会いの場を広げる

結局はこれに尽きます。

まだ結婚していない理由として「結婚したいと思えるような異性に出会っていないから」という方が多いそうです。

いくら男性の数が地球上に『35億』と言ったって、そのうち、あなたと出会う機会がある人なんて一握り。
その中から、異性として人として好きになり、結婚にまで至る相手なんて、出会おうと思ってすぐに出会えるわけがないのです。
さらに、『誰でもいい』というわけではないのだから、なおさら難しいのです。

「そんなに簡単に見つかるなら、とっくに結婚してるわ!」
「出会いが落ちている場所が書いてある地図が欲しい!」
と一時期、口癖のように言っていました。

花はミツバチを探しに行かない、『待つの!』と女性芸人は言っていますが、そもそもあなた自身が花になれているのかどうかです。

ただの道端の草では誰にも見向きされません。
花だって、家の中に咲いていてもミツバチには出会えないのです。
ミツバチが現れるところに出向いて行くからこそ、出会うのです。

花になると言ったって、高いお金をかけて着飾ることでは決してありません。
今すぐにでもできる努力すらしていなくて、「結婚できないのは私のせいじゃない!」と責任転嫁してませんか?

確かに、道を歩いていると、どうしてあの女性が結婚できて、私ができないんだろう・・とよく思っていました。

「どうせ私なんて・・・」
と、元がネガティブな私はよく陥りがちですが。
そんなネガティブなこと、考えている暇があったら、やるべきことはたくさんあるはずなのです。

私だって、いろいろ悩んで、山のような失敗を繰り返して、たくさん後悔もしながら、それでも学んで努力したのです。

 

「結婚したい」と望むなら、やることは決まってます

まずは、ちゃんと出会いの幅を広げに、外に出ること。

現実を知るべく、自分に対する他人の意見にも耳を傾けること。

そして、『魅力的な私』『今の私よりももう少し自信が持てる私』になれるように、自分を正しい方向で磨くこと。

何よりも、一刻も早く、行動を始めること。

これに尽きます。

 

人生には限りがあるのです。

迷って何ヶ月もたってしまっているのなら、その間にどれだけのことができたことか!

「やって失敗したらどうしよう・・」
なんて、1回で婚活が成功するなら、こんなに婚活で皆がざわざわしません。

やる前から、うまくいかないことばかり考えていては、せっかくの機会もムダにします。

でも、やるからにはできれば、最短コースで、最短期間で、成果は出したい。

それには自分自身の努力も必要。

婚活したからといって、全員が結婚できるわけではないのも現実です。

かといって、何もしなければ、ほぼ可能性もなくなってしまうのも現実です。

婚活をいつまでも続けるのは難しい。
だからこそ、今すぐにでも、できることをちゃんと正しい方向で始めましょう!
期間や予算を決めて、一定期間に集中して頑張る!というやり方もあります。

たとえ、結婚という結果が出なかったとしても、それまでにした努力は決してムダにならないはず。
あなた自身が人として女性としてもっと魅力的になることができていれば、この先の人生にだって絶対に生きるはず。
ムダにしないかどうかもあなた自身。

 

まだ婚活に迷っているあなたなら、すぐに始めましょう!
そして、婚活に少し疲れてしまっているなら、少し休んで、作戦を練り直しましょう!

いちばん大切なのは、

「結婚してもしなくても、あなたの人生が幸せであること」