結婚相談所ってどうなの?

婚活で敷居が高いのは、何と言っても『結婚相談所』ではないでしょうか。

なぜかといえば、他の婚活方法と比べ『とても料金が高いから』

どのくらい料金がかかるのか?、他の方法と比べて何が違うのか?、データマッチング型と仲人型の違いなどをご紹介します。

 

結婚相談所って、他の婚活と何が違うの?

断然、違うのはこの2点。

入会時に、独身証明をしなければならない

ほとんどの結婚相談所では、独身証明書が必要となります。
独身証明書とは、『独身であること』を証明するために、役所で発行してもらう書類のことです。

また、結婚相談所によっては、年齢や住所、職業等の身元の確認や、年収の証明を必要とするところも多くあります。

担当者がついて、アドバイスを受けながら、活動をしていく

通常、結婚相談所では、あなた自身に専任の担当者がつきます。
あなたの希望等も聞きながら、今後どのように活動していけば良いかを考えていきます。

 

また、入会金や月額料金、相談所によっては成婚料が必要となるところもあり、経済的にハードルが高い分、『本気で婚活をする人のみが入会している』のが、何よりの特徴です。

 

データマッチング型と仲人型の違いとは?

違いは、以下のようになりますが、きっちり区分けされているわけでもなく、データマッチングと仲人型を合わせたような紹介をしている結婚相談所もあります。

データマッチング型とは

あなたの希望や条件とお相手の希望条件とのデータを合わせて、マッチングされたら、やりとりを通じて、実際に会ってみるという段階を経るものです。

大手の結婚相談所の多くは、データマッチング型を取り入れているところが多いですね。

担当者との面談もありますが、仲人型に比べると、対面でのサポートが薄くなるところもあります。

仲人型とは

あなたの希望や条件をもとに、担当者の経験上から「こんな男性なら、合いそう」など、データだけではわからない情報から人柄なども含めて、紹介される男性が決まります。

データマッチング型に比べて、小規模・会員数が比較的少ない相談所も多いのが特徴です。

関連記事はこちら<<【結婚相談所】

 

データマッチング型の結婚相談所とは、どんなところ?

料金はどのくらい?

大手の平均的な金額を見てみました。
入会金10〜15万円、月会費8000〜15000円、成婚料20万円程度
1年間で30〜50万円程度かかる計算です。

データマッチング型のメリットは?

  • 会員向け情報誌やネット、会員向けパーティーなど、いろいろな方法で相手を探せる
  • 大手の結婚相談所であれば、会員数や支店が多い
  • 業者によっては、対面サポートが充実している業者もある
  • 相談所によるが、お見合い数を多く組めるし、お見合い料もかからないところも多い

データマッチング型のデメリットとは?

  • 紹介方法が条件等による機械的なマッチングに頼られている
  • 業者によっては、対面でのサポートが薄いところもある
  • 入会期間が長くなると、料金がかさむ

 

仲人型の結婚相談所とは、どんなところ?

料金はどのくらい?

いくつかの仲人型の平均を見てみました。
入会金10万円程度、月会費1万円程度、お見合い料1万円程度、他に成婚料など
1年間で35〜45万円程度かかる計算になります。

仲人型のメリットとは?

  • サポートが手厚いので、恋愛に不慣れ、奥手な人への支援も充実している
  • 機械に頼らないマッチングが可能

仲人型のデメリットとは?

  • お見合いを組みにくい(相手に断られることも少なくない)
  • 入会する結婚相談所によっては当たり外れが大きい(小規模で会員数が少ない、そのため
  • お見合いを組みにくい、担当者との相性が合わなかった、など)
  • 入会期間が長くなると、料金がかさむ

 

結局、データ・仲人のどちらの方がいいの?

単純にどちらの方がいいとは言い切れませんが、仲人型でも大手の企業が参入してきています。

結婚相談所の成婚率や会員数、担当者の印象など、総合的にみて、判断していきましょう。

 

入会前には『無料相談・資料請求』を必ずして、よく内容を確認し、疑問は解消しておいてくださいね♡

 

関連記事はこちら<<【結婚相談所】

 

関連記事

イベントで婚活するってどうなの?

婚活パーティーってどうなの?

結婚相談所の資料請求するなら、絶対オススメの方法

婚活プロフィール写真の撮り方5つのコツ

無料でも使える!婚活初心者にオススメの婚活サイト

婚活アプリ・婚活サイトってどうなの?