婚活で『ありのままの私』はアリなのか?

よく聞きます。
「『ありのままの私』を受け入れてくれる人じゃないと、結婚してもこの先辛い」とかね。

わかります。
ときにはちょっとだらしない格好でも許してほしいし、疲れているときにはダラダラして何もしたくないときがある。
それは誰しもそうでしょう。

ありのままの私を受け入れてほしい。
と思う気持ち。

だけどね、それは出会いがあって、あなたのことを気に入ってくれる男性に出会って、おつきあいが始まってからの話。
先の段階のお話、と私は思うのです。

 

『ありのままの私』で婚活が無理なら、めんどくさい?

それでは、あなたの現在の部屋着姿で、あなたの魅力に気づいてもらえるでしょうか?

「すっぴんで、寝癖が少々ついているけれども、これが『ありのままの私』です。」

近所のコンビニなら、それでOKかもしれないけど、
婚活のために努力している女性が大勢いる状況の中で、そんなあなたの姿に惚れてくれる男性、いるでしょうか?

逆に、『ありのままの姿の男性』を見て、あなたは魅力的ですね!と思えますか?

ヨレヨレの少々食べこぼしがあり、洗濯も数日していないスエット上下に、無精髭の男性。
休みの日くらい、1人でこういう姿でうちにいても許されるのかもしれませんが。

こういった男性に「素敵ですね♡」と近寄っていけますか?

 

婚活に見た目の努力をすることに、もしあなたがめんどくさいと思っているのなら、こういう男性は受け入れられるということでしょうか?

「そんなのは、無理でしょ。ありえないでしょ。」と言えます?

だとしたら、自分のことは棚に上げ、相手には高い条件を求めて、こんなありのままの私を無条件に受け入れてよ、なんて言えるのは、
「すごく自分に自信がある方なのね」と私は思ってしまいます。

 

自分だけ受け入れて欲しいなんて都合の良いことばかり考えていては、いい出会いには恵まれせん。

ありのままの努力なしで婚活に成功できるくらいなら、とっくに結婚できているはずなんじゃない?
今のままのあなたで十分だと思えるなら、婚活が必要と思っているのはなぜ?

 

でも、努力して男性に媚びるのって、どうなの?

自分が理想としている男性に出会うために、努力することと、媚びることとは全く違います

きっかけをつかむためには、多少なりとも見た目の印象を上げることは必要なのです。

婚活は、何年も友達付き合いして、その人をじっくり理解していくこととは違います。
また、何年も友達だったからといって、その人に恋する感情や、結婚に至るような愛情が生まれるかどうかは別問題。

婚活は、最初の出会いの印象で、「また次も会いたいと思う素敵な女性ですね」と思ってもらえるかどうかの勝負なのです。
そして、異性として、素敵ですね、と感じてもらえるかどうかが大切なのです。

最初の1回で、ちょっとがっかりされてしまったら、もう次はないことがほとんどなのです。

婚活している女性は他にもたくさんいますし、20代前半の女性ですら、結婚相談所に行く時代なのですよ。

 

もちろん、人の好みはそれぞれです。
仕事では、ビシッとかっこよくスーツが決まっている男性だって、普段はTシャツにジーンズが好きな人だってたくさんいます。
綺麗なレストランで食事をするよりも、ガード下の焼き鳥屋の方が好きな男性だってたくさんいます。
そんな普段の居酒屋で偶然の出会いを求めるなら、普段の格好でもいいのかもしれません。

 

ですが、初対面で、これから結婚したいという意思を持って、相手に出会う時、
相手だってそれなりに気を遣ってやってくるでしょう。
なのに、あなたが普段の格好のまま、やってきたら、お相手はどう感じるでしょう?
初対面の相手に礼儀を尽くす、ということも、大人の女性として必要、と思いませんか?
その場にふさわしい、身なりをしていくということは必要です。

(別に高いお値段の服を着て、最先端のメイクをしよう、ということを勧めているわけではありません。)

女性として扱ってほしい、と思っているのであれば、女性らしい身なりは必要です。

私も普段はパンツ派で、スカートを履くなんて冠婚葬祭くらいでしたが、
婚活を始めてからは、スカート中心にしました。
ヒールの靴も選ぶようになりました。
それに似合う髪型や、メイクも意識するようになりました。
人と出会う時は笑顔を意識しました。

女性は見た目が変われば、自然と自信がつくし、そうすると仕草や言葉使い、表情も変わります。

自分で自信がない、ダメだと思っているところがあるならば、それを直したい、よくしたいと思って努力するくらいのことは、
婚活で成功したいのであれば、必要だと思います。

『努力する』とは、その場を取り繕うための嘘や虚像で相手を騙す・媚びることではなく、
素直な女性らしさを相手にアピールできるようになるということです。

まずは、初対面での印象を、相手にどう感じてもらえるか?ということが何よりも大切なのです。

 

婚活で『ありのままの私』を伝える、ということとは?

『ありのまま』を見てもらうとは、結婚に対する素直な感情・思いを相手にきちんと伝えられることです。

「本当は好きなもの・こと」を、相手にどう思われるかを気にして「嫌い」ということではありません。

初対面から『ありのままの普段の家の中での姿』を認めてもらおうことでもありません。

あなたが結婚や人生に対して考えている、ビジョン・思いを素直に伝えること。

あなたが、普段どんな生活をしているのか、どんなものが好きなのか、これからの人生をどうしていきたいか、結婚する相手とどのような関係を築きたいか、などの思っていることを、素直に伝えること。

まずは、最初の初対面での出会いをクリアしていくために、
「相手があなたのことを見て、どう感じるか?」
ということに対して、まずは努力していきましょう!

関連記事

婚活で結婚の引き寄せはありなのか??

聞きにくい・話しにくいことほど、結婚前に確認すべき!

結婚生活における価値観て何?

本気で結婚したいなら、〇〇〇してはいけない!

婚活のための自分磨きって何する?

アラサー・アラフォーにオススメの婚活方法とは?