婚活したいけど、出会いがない・・・

「出会いがない」

私もよく言っていました。この言葉。
出会いが落ちている場所が書いてある、宝の地図をいつも探していました。

実際には、全く出会いがないわけではないんだけど、
要は「自分が理想とするような素敵な男性がいない」ってことなんですよね。

ここで大切なのは、普段の活動範囲を超えて、新しい異性を出会う場に出かけているか?ということ。

普段の通勤、会社、友人・・・その中にめぼしい異性がいないのであれば、それ以外に新たな人と出会う場へ行かなければ出会うはずもない。と思いませんか?

また、出かけた先で『出会い』を意識しているか?ということ。

 

婚活してるのに『出会い』に行ってない?

「出会いがない」と嘆いている人の中には、確実に何もしていないのに、これを言っている人もいます。
出会う以前に、何もしていなければ、当然結婚にまで至るわけない。
30代後半女性で結婚できるのは2%と言われているのに・・・

わかります。

そうはいっても、
仕事で疲れて、しかも残業なんかあったりして。
30代後半になれば、女性だって働き盛り。
責任の大きな仕事をされている方もいるでしょう。
仕事終わったら早く帰って、お風呂入って、早く寝たい・・・
寝に帰るだけの生活。
そして、たまの楽しみは、女友達ととことん喋ること。

初めて出会う男性のためにオシャレして、気を遣って・・なんて疲れるし、めんどくさくてできない。

それ、結婚する前の私。

だけど、それじゃ、結婚はますます遠のくばかり。
そんな風に過ごしていると、また一つ一つあっという間に歳を重ねて、ますます遠ざかります。

「やっぱり私は結婚したいし、自分の家庭が欲しい!」と強く思って、行動を変えました。

いつもと同じ行動範囲、人間関係の中で、新しい出会いになんてそうそう結びつかないんです。

 

婚活するなら、出会いのために・・・

今の行動範囲の中で出会いがないなら、新たな場を開拓するしかありません。

私は人見知りなので、初対面の人と打ち解けることは難しかったし、新しいところに出て行くことは本当に面倒でした。
なので、20代のうちに人間関係を広げようとか、「誰か紹介して」とお願いすることもなかった。

だけど、そうすると、いざという時には、すでに遅し。
もう誰も誘ってはくれません。
30歳を過ぎたら、自分から声をかけなければ合コンのお誘いもない。

積極的な独身友達と一緒に、婚活パーティーとか街コンとかも含めて、とにかく色々行きました。
知り合った人たちと飲みに行ったり、飲みの場に誘ってもらったり、と。

最初は、本当に疲れました。
初対面の人と何を話せばいいのか、自分が楽しいのかもよくわからない。

結局、求めている「出会い」になんて繋がってないじゃん。
心が折れそうになりました。いや、何度も折れました。

けどね、繰り返すと、だんだんいろんな意味で免疫がついてきます。
1回くらい、いや2回や3回、うまくいかなくて当たり前。

そんなに簡単には、理想に思うような出会いになんて繋がらない。

だけど、とにかく行動してみる。
方向性が合ってるかどうかなんて、その時はすぐにはわからなくても、重い腰を上げて、フットワークを軽くすることに慣れることが大切。

そして、出かけるきっかけは最初は何でもいいのです。

ちょっと気になっていたところ、お店、料理教室、男女が集まるところなら、とりあえず何でもいい。

しばらく恋愛から離れていて、どんな男性が自分の理想なのか、どんな男性を選んだらいいのかもわからなくなっていることもあります。
そんな時もまずは、すぐに恋愛モードでなくても、まず男性を見る目を取り戻すことも必要。

そのためにも、「出会い」の場に慣れていなければ、ある程度数をこなすことも大事。

「でもせっかくの休みを、あるかもわからない出会いのために、割くなんてやってられない」
と思いますか?

「私、結婚できないんじゃなくて、結婚しないんです」と本気で思うなら、それでもいいんです。

「結婚したい」なんて素直に言えなくなってくる年頃。

けど、無駄で終わるか、結婚に繋がるかどうかなんて、やってみなければわからないんです。
むしろ、繋げられるかは、自分次第。

やる前から色々余計なことを考えすぎて、やらない言い訳ばかり並べても現状は変わりません。

やりたいこと、なりたい自分になることに年齢なんて関係ない。
他人の余計な意見なんて関係ない。
誰もあなたの人生の責任なんて、とってくれないんです。
年齢や手間ばかり気にしすぎて諦めていたら、自分の限りある人生が勿体なさすぎる。

 

出会いの場でコミュニケーション力を身につける

初対面の人との会話、得意ですか?
私は正直苦手で、今も得意とまでは言えないけど、だいぶ上手になりました。

初対面の人たちが集まる場で、どんな風に話していったらいいか分からなければ、上手に話をしている人を見て学ぶこともあります。

でも、まずは何を話すかというよりも、その場を楽しめる心があるかどうかが大切。

つまらなそうな顔をしている女性に、好印象持ちますか?
話すのが苦手でも、楽しそうに笑顔でいる女性の方が、男女問わず、いいに決まってる。

会話はある種のトレーニングで、うまくなります。慣れが必要。

なので、場数を多くすることも大事なんです。

だけど、嫌な人と無理に付き合う必要はないし、その場の雰囲気が好きでなかったら、変えたらいいんです。

今、婚活を何にもしていなくで、でも結婚したいという思いがあるなら、
今まで迷ってやらずにいたことや、躊躇していたことはやってみてもいいのでは?

 

新たな出会いの場に慣れたら、あらためて婚活の場へ

頑張って新たな人との関わりを作ったり、そういう場に慣れて、その中で本当の『出会い』に出会うこともあります。

だけど、それだけじゃ難しいのが婚活。

相手に『結婚する意思』がなければ、意味がなくなってしまいます。

出会う人、声をかけてくれる男性が既婚者ばかり。では悲しい。
その既婚者の方が、独身男性を紹介してくれるならいいのですが。

なので、一つの方法、出会い方に固執せず、いろいろな方法・手段を並行して婚活していくことがオススメです。

 

関連記事

婚活疲れで、本当に結婚したいかわからない

婚活しても、理想の男性が見つからない?

婚活して高収入の男性と結婚したい?

聞きにくい・話しにくいことほど、結婚前に確認すべき!

婚活のための自分磨きって何する?

アラサー・アラフォーにオススメの婚活方法とは?